かわいいは正義

アニメ、ラノベについて書いていきます。

嫌いな人間の接し方

こんにちわ。AKIです。
本記事では嫌いな人間との接し方について書いていきたいと思います。



誰しも嫌いな人間、いちいちかんに障る「なんでこいつこうなの......」って思ってしまう人間ていますよね。――世の中の人間のうち2割の人はどんな努力をしても自分を好きでいてくれて、けれどまた2割の人はその逆で、残りの6割は努力次第で変わる――なんて言ったりもしますし、当然だと思います。
けれど、そういう人に限って避けられない関係があったりして、人生ってなんて面倒なんだって思ったり笑


                 そ
                 こ
                 で


そういう人のことは、「別人種」と考えてみるのはどうでしょうか!
「異人種」でもいいんですがなんかそれだとかっこいいし、「違人種」だと「偉人種」と音が重なってしまうんで笑笑



この方法を提案する理由は、他人を必要以上に嫌ってしまうのはその人と"自分自身"を比較してしまった結果だと思うからです。しっかりと世情を観て自分自身を戒めて成長してきた方だからこそ、他人にも自分と同程度のことを求めてしまうのだと思います。それが本来正しい行動なので仕方のないことだと思います。「なんでこうなんだろう。。。どうしてこんなこともできないんだろう(イライラ)」
ですので、その原因を相手を別の人種だと割り切ることで取り除いてあげるのです。
相手が別の人種であるとわかれば、相手のことを「私とはそもそも違う人間なんだ」と思う事が可能になり、相手に自分並のタスクを求めることも自動でなくなります。



その結果、下等な相手にエネルギーを使うこともなくなり、悩む時間を自分のためになることや癒やすことに費やすことができます。すばらしい効率化ですね、人生の最適化や~♪
また、余裕があればその相手を自分の反面教師として利用してあげましょう。だいたいのことが再確認になると思いますが、「こういう行動は絶対にしないぞ。こう思われちゃうんだから。こわいこわい(汗)」と言う風に笑
嫌な相手を華麗にスルーしその上で利用する。そしてこの行為は相手にマイナスな印象を与えることがないので、上司であっても反抗的にならず、腐れ縁的な友人であっても関係を維持できます。すばらしいですね!


では今回はこの辺で。
皆さん気持ちいい人生を送りましょう~~^^



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。